痒いだけじゃない!臭いも発する水虫対策

  • LINEで送る

足の臭いの原因の一つに水虫があります。

水虫とは、白癬菌というカビの一種が角質に感染することによって起こる病気で症状としてはかゆみやただれなどが挙げられます。

水虫というと強いかゆみがあるというイメージを持たれている方がとても多いですね。

しかし、水虫を発症された方、全てにかゆみの症状があるとは限りません。

その為、水虫の方の中には「何となく足のただれはあるけれどかゆみがないから水虫ではないだろう」と自己判断し、何も対処しないことで更に水虫が悪化、足の臭いも強くなってしまうケースがあるのです。

足の臭いと水虫の関係について

足の臭いと水虫には深い関係があるのですが、実際に水虫の原因菌となる白癬菌には臭いはありません。

では何故、水虫になると足が臭くなってしまうのか?

それは、水虫の原因菌である白癬菌の好む環境が影響しているのです。

足の臭いの原因の中でも特に多い足の蒸れ。
足の臭いと蒸れの関係」でも詳しく紹介していますが、足が蒸れると雑菌が繁殖し臭いを放ちます。

実は水虫の原因となる白癬菌も他の雑菌同様、高温多湿の環境を好む菌なのです。

要するに、水虫の方の足というのは何かしらの原因によって蒸れやすい環境になっているということ。

ということは、白癬菌だけでなく他の雑菌も繁殖しやすい環境となる為、足の臭いを起こしやすいということなのです。

また、白癬菌は人へ感染する菌ですので、今現在は水虫ではないという方でも足が蒸れやすく足の臭いにお悩みの方の場合、白癬菌に感染しやすくなりますので注意が必要です。

水虫による足の臭いを改善するには!?

水虫が原因となっている足の臭いを改善するには、原因となる足の蒸れを改善すると共に水虫を完治させる必要があるといえます。

では、水虫を改善するにはどうしたら良いのでしょう?

最近ではドラッグストアなどでも大々的に水虫の治療用塗り薬がコーナーとなり販売されていますが、症状が軽いようであればこうした市販薬を使っても良いですね。

但し、水虫の原因となる白癬菌は一度感染すると皮膚の奥に菌糸を伸ばして潜んでいる為、症状が改善されたと感じてもすぐに再発してしまうケースも少なくありません。

症状が酷い場合や何度も再発を繰り返す場合には、皮膚科を受診し医師による治療を受けることをおすすめします。

また、水虫治療後も水虫予防の為に足の蒸れに繋がる生活習慣の改善を継続されることをおすすめします。

例え水虫が完治しても、足が蒸れた状態が続いていると水虫の再発だけでなく足の臭いの改善は難しくなってしまいます。

水虫だから足が臭いではなく、水虫と足の臭いは原因が同じものなのだと理解し対策を取らると良いでしょう。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ