生活習慣の改善がポイント!足の臭いを改善する生活習慣とは!?

足の臭いというのは、男女や年齢問わず誰にでも起こり得るものですが、足の臭いが気になる程強い方と全く気にならないという方がいますね。

足の臭いの原因は様々ですが、大きな原因として挙げられるのが足裏からの発汗によって足が蒸れることで雑菌が繁殖し臭いを放つことだといえます。

しかし、これは特別なことではありません。

前述した通り、足の臭いというのは誰にでも起こり得るものです。

では何故、足の臭いがある人とない人とがいるのでしょう?

生活習慣の違いも一つの要因だと言われています。

足が臭くなりやすい生活習慣

足の臭いがある人とない人との違いは、生活習慣が影響しているケースも珍しくありません。

では具体的にどういった生活習慣が足の臭いに影響しているのか?
理由と共に見ていきましょう。

日頃から長時間、通気性の悪い靴を履いている

人間の足は1日に約コップ1杯程の汗をかくと言われています。
その為、長時間、通気性の悪い靴を履く習慣のある方の場合、足が蒸れやすく足が臭くなりやすくなってしまうのです。

緊張しやすい、ストレス過多

「足の臭いとストレスの関係」にて詳しく紹介していますが、人間は緊張やストレスを感じると手の平や足裏から大量に発汗します。

その為、緊張しやすい、緊張することが多い、ストレスを感じることが多いといったような方の場合、足裏からの発汗も多くなりやすく発汗が増えることで足が蒸れやすく足が臭くなってしまうことがあるのです。

乱れた食生活

健康の為には栄養バランスの整った食生活を心掛けることが大切ですが、足の臭いと食生活にも深い関係があるといわれています。

特に脂質や刺激物、肉類などの動物性たんぱく質の多い食事が多いという方は要注意。

脂質や刺激物、動物性たんぱく質には、足裏からの発汗を促す作用がある為、こうした食生活が習慣化してしまうと足裏からの発汗によって足が蒸れ足の臭いの原因となってしまうのです。

角質や爪のケアの怠り

足裏は特に角質が溜まりやすく、また、爪に関しては皮脂や汚れ、石けんカスが溜まりやすい部位となります。

角質は足の臭いの原因となる雑菌のエサとなり雑菌の増殖を促してしまいますし、爪の隙間に汚れが詰まっているとその汚れ自体が悪臭を放ってしまいます。

足の臭いを消すには、角質や爪のケアを習慣化することが大切です。

生活習慣を改善するだけでも足の臭いが改善する!?

足の臭いを消す方法は、様々ですがどの方法もしっかりと実行していればそれなりに効果も伴っていくと言えるでしょう。

しかし、中にはいくら足の臭いを消す方法を実践しても効果を得られないという方もいますね。

では何故、効果に差が出てくるのか?

確かにどの方法にも個人差はあるといえるでしょう。

しかし、全く効果を得られないということは、「足の臭いの原因を取り除けていない」「足が臭くなりやすい生活習慣を送っている」という2つの理由が考えられます。

どんなに足の臭いを消す方法をしっかりと実践したとしても原因が取り除けていなかったり、足が臭くなりやすい生活習慣を続けていたら効果をなかなか得られないというのは当然といえば当然ですね。

生活習慣の改善というのは、簡単なようでなかなか面倒なことではありますが、改善したことを習慣化することでその負担は軽減されます。

要は一時我慢すれば良いということですね。

面倒だと感じても習慣化してしまえば何てことのない習慣となりますので、足の臭いを消す方法を実践すると共に足が臭くなりやすい生活習慣の改善をされることをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ