靴の選び方で足の臭いが変わる!?足の臭いを防ぐ靴とは!?

  • LINEで送る

足の臭いにお悩みの方の多くは、足だけでなく靴も嫌な臭いがすると悩んでいる方が多いといわれています。

長時間、靴を履いていると足が蒸れ雑菌が繁殖することで足はもちろん、靴の中にまで嫌な臭いが起こりやすくなってしまうのがその理由といえるでしょう。

足の臭いや靴の臭いを予防、改善する方法は複数存在しますが、靴によって足の臭いが変わるということをご存知ですか?

一口に靴といっても、素材やデザインは様々ですね。

靴の素材やデザインによって通気性の良いもの、逆に通気性の悪いものなどもあり、靴の素材を変えるだけで足の臭いが緩和されたという方も少なくないのです。

そこで、足の臭いを抑えることができる靴選びのポイントを紹介していきましょう。

靴選びのポイント

前述した通り、一口に靴といっても素材やデザインは様々で足の臭いが起こりやすいタイプの靴と足の臭いが起こりにくいタイプの靴があります。

ここでは、足の臭いが起こりにくい靴選びのポイントを紹介していきますので、是非、ご参考になさって下さいね。

足の臭いが起こりにくい靴を選ぶポイントは3つあります。

通気性

靴を選ぶ際、通気性の良い素材を選ぶことがポイントの一つといえます。

男性の場合、仕事柄、革靴を履く機会が多い方も多いですが、革靴の場合、天然皮革の靴がおすすめです。

天然皮革は、水分を吸収しやすい素材の為、足裏からの汗をしっかりと吸収してくれます。

また、通気性にも優れていますので靴の中が蒸れにくくなるのです。

女性の場合は、通気性に優れたメッシュ素材の靴がおすすめです。

デザイン的に通気性の悪い素材の靴を履きたいという時は、消臭効果のあるインソールを靴の中に入れておくと良いでしょう。

デザイン

デザインによっても足の臭いが起こりやすい靴の起こりにくい靴があります。

足の臭いが起こりにくいデザインの靴は、カットが浅い靴だといえるでしょう。

カットが浅い靴の場合、歩くことで空気の流れ道ができますので蒸れにくく足の臭いが起こりにくいといえます。

サイズ

一見足の臭いと靴のサイズは全く関係ないように見えますが、実はサイズの合ってない靴は足の臭いを起こしやすいといわれています。

というのも、靴のサイズが合っていないと履き心地が悪い上、歩きにくいですよね?

このように足にストレスが掛かると気付かぬうちに足裏からの汗の量が増えてしまう為、蒸れやすく足の臭いが起こりやすくなってしまうのです。

履き心地はもちろん、足の臭いを予防する為にもサイズの合った靴を履かれることをおすすめします。

足の臭いが起こりやすい靴を履く際の注意点

足の臭いを改善するには、足の臭いが起こりにくい靴を選ぶことが大切です。

通気性はもちろん、デザインやサイズなどにも着目し、足の臭いが起こりにくい靴を選ぶことで足の臭いも改善されていくでしょう。

ただ、足の臭い対策を重視するあまりファッション性が下がったり、履きたい靴が履けないというのは面白くないものですね。

足の臭いが起こりやすい靴を履く際は、カテゴリ「足の臭いの対策&改善法」で紹介しているような足の臭い対策や靴の臭い対策を実践されることで足や靴の臭いを予防することができますのでおすすめですよ。

今すぐ足の臭いを消したいならノーノースメルかクリアネオ!

クリアネオ

クリアネオは殺菌力99.999%と強烈な足臭に対応できるデオドラントクリーム。塗ってから10秒ほどで足の臭いが消える優れものです。

また、殺菌成分と制汗成分が豊富に含まれているので長時間ニオイを抑えてくれます。
無添加・無香料だから肌への負担は限りなくゼロ。
一瞬で足の臭いを抑えたい方に特におすすめです。

ノーノースメル

ノーノースメルは足の臭いの最終手段と呼ばれるようになった北の達人コーポレーションが開発・販売している足の臭い専用のデオドラント。

ひと塗りで防臭・制汗・殺菌・角質のケアの4役。数十種類の植物由来成分が、増えすぎた悪玉菌にしっかりアプローチし、足の環境を整えてニオイが発生しにくい足に導いてくれます!

どちらの製品も満足度が高く全額返金保証も付いていますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ