足と靴!両方を消臭してくれる重層の効果とは

  • LINEで送る

足の臭いの発生元というと足そのものの他に靴があります。

足の臭いの大きな原因は、足裏からの発汗により足が蒸れ雑菌が繁殖することで起こりますが、毎日長時間同じ靴を履いていると靴の中も蒸れ、雑菌が繁殖し嫌な臭いが発生するのです。

その為、いくら足を清潔にしていても靴のケアができていない上に毎日長時間同じ靴を履いていることで靴の中の雑菌が足からかく汗によって更に繁殖し、足の臭いが強くなってしまうケースも珍しくありません。

そこで、足はもちろん靴の中の匂い対策としても使える重曹をおすすめします。

重曹だけで足も靴も臭い対策できますので、是非お試し下さいね。

重曹が足の臭いを改善する理由

重曹って名前は聞いたことがあるけど、いまいちどんなものなのか分からないという方も少なくありませんね。

主婦の方などは、料理に使ったりお掃除に使ったりされている方もいるでしょう。

しかし、一般的に考えるとピンとこない方も多いですね。

そんな重曹ですが、何故、足と靴の臭いを消すことができるのでしょう?

重曹とは、正式には炭酸水素ナトリウムといい、研磨効果や消臭効果があることから研磨剤や消臭剤、入浴剤などにも使用されています。

また、人体にも悪影響がない為、安全で様々な場面で使用される万能成分の一つなのです。

身体に害のない成分且つ、消臭効果に優れており多方面で活躍している為、安心して足や靴の消臭にも使用できるということですね。

足と靴の臭いを予防する重曹の使い方

人体に悪影響がなく消臭効果にすぐれている重曹ですが、具体的にどのように使ったら良いのでしょう?

足と靴、それぞれに適した使い方を見ていきましょう。

足の臭い予防

足の臭いを予防する為には、重曹湯がおすすめです。

1、洗面器やバケツなどに足の甲が浸る程度のお湯を張ります。
お湯の温度は42〜43℃程が良いでしょう。
2、重曹を大さじ2〜3杯程、お湯に溶かし15分程足湯しましょう。

基本的には、入浴後に行いますが女性の場合、朝のメイク中に重曹湯で足湯を行なうのもおすすめですよ。

靴の臭い消臭

靴の中の嫌な臭いを消したい時には、そのまま使用するのがおすすめです。

1、重曹を片足につき大さじ1程用意します。
2、靴の中に重曹を入れ、重曹が靴の中全体に行き渡るようにシャカシャカと振ります。
3、靴の中に入れた重曹を捨てましょう。

たったこれだけで靴の中の嫌な臭いを取り除くことができます。

出掛ける前はもちろん、普段から重曹をバッグに忍ばせておくと急に靴を脱がなくてはならない時などにも役に立ちますのでおすすめですよ。

ちなみに重曹はトイレ掃除にも利用できますので、出先で靴の消臭を行なう場合、使い終わった重曹をトイレに流しても問題ありません。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ