うがい薬イソジンで足の臭いが消える!?イソジンの効果的な使い方

うがい薬といえば「イソジン」という程、昔からイソジンは有名ですね。
誰でも一度は使用した経験があるのではないでしょうか?

そんなイソジンですが、実はうがい薬の役割以外にも、足の臭いを消す効果に優れているのです。

とはいえ、イソジン自体に「足の臭い改善効果」という作用が謳われている訳ではありません。

では何故、うがい薬「イソジン」に足の臭いを改善する効果を期待できるのでしょう?

うがい薬イソジンが足の臭いを改善する理由

イソジンは、「ポビドンヨード」という医薬成分で作られています。

このポビドンヨードには、細菌やウイルスなどの殺菌や消毒効果があります。

その為、イソジンでうがいをすることで、口腔内や喉などに付着した細菌やウイルスを除去することができ風邪予防効果を得ることができるという訳です。

では何故、足の臭いを改善できるのか?

足の臭いの大きな原因は、足の蒸れによって雑菌が繁殖することで嫌な臭いを放ちます。

要は、雑菌が繁殖しなければ足の臭いは起らないということですね。

イソジンに含まれるポビドンヨードには雑菌を殺菌する効果もありますので、足に塗ることで足についた雑菌を殺菌、消毒することができ嫌な臭いを予防することができるのです。

うがい薬なのに足の臭い対策ができるイソジン。

足の臭いにお悩みの方には是非、おすすめです。

足の臭いを予防するイソジンの塗り方

足にイソジンを塗る時には、いくつか注意して頂きたい点があります。

コットンや脱脂綿を使って少しずつ塗る

いくらイソジンに殺菌効果があるからといって、足全体にたっぷり塗ってしまうのはあまりおすすめできません。

というのも、イソジンに含まれるポビドンヨードには、乾燥効果がある為、あまり塗り過ぎてしまうと足が乾燥してしまうのです。

コットンや脱脂綿を使って、足の臭いの気になる部分に少しずつ塗っていきましょう。

塗布後は色の薄い靴下やストッキングは避ける

イソジンを見たことのある方なら想像がつくと思いますが、イソジン自体はとても濃い茶褐色をしていますね。

イソジンを足に塗布後は、比較的すぐに乾燥しますが、完全に乾燥させた後も色の付着を防ぐ為、色の薄い靴下やストッキングは避ける方が無難だといえるでしょう。

また、足の汗によって靴のインソール部分にイソジンが付着してしまう可能性もゼロではありませんので、イソジンを塗る際は、インソール部分が汚れても良い靴や汚れても良いようにインソールを入れておくなど工夫されることをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ