食生活の改善で足の臭いが消える!?足の臭いに効果的な食べ物とは

  • LINEで送る

足の臭いにお悩みの方の方はとても多いですね。

足の臭いを改善する方法は複数存在し、セルフケアでも足の臭いを軽減することは可能ですが、色々試してみてはいるもののいまいち効果が実感できないという方も少なくありません。

そんなお悩みを持たれている方の多くが見落としている点の一つとして「食生活の見直し」が挙げられます。

足の臭いと食生活、一見、あまり関係ないように見受けられますがどう関係していくのか?詳しくみていきましょう。

足の臭いの原因となる食生活

足の臭いの原因の一つに「食生活」が挙げられます。

足の臭いにも種類があり、何が原因で臭いを発してしまっているのかは様々な為、100%という訳ではありませんが、皮脂や汗が原因で臭ってしまっているケースがとても多く、皮脂や汗の臭いは食生活が影響しているケースが少なくないのです。

では、具体的にどのような食生活が足を臭くしてしまうのか?以下をご覧ください。

動物性たんぱく質の摂り過ぎ

動物性たんぱく質、即ち、肉や魚、乳製品などを指しますが、適度な量を摂り続ける分には特に問題はありません。

しかし、極端に摂り過ぎてしまったり、動物性たんぱく質と一緒に脂質の多いものを多く摂り入れてしまうことで食材に含まれるコレステロールの影響により皮脂腺やアポクリン汗腺が刺激されます。

この刺激によって皮脂や汗が分泌されやすくなる上、臭いが強くなってしまう為、足が臭くなってしまうのです。

アリシンを多く含む食材

アリシンとは、にんにくやニラ、ネギ、タマネギなどに含まれる成分の一つで血液をサラサラにしたり、抗酸化作用などを持つ身体にとっては良い成分です。

しかし、こうしたメリットがある反面、アリシンが体内で分解されると独特な臭いを発してしまうというデメリットも持ち合わせており、このデメリットによって足を臭くしてしまうことがあります。

発汗作用のある食べ物

キムチやカレーなど、香辛料を多く使った食べ物は発汗作用があります。

発汗すること自体は、臭いの原因とはなりませんが、発汗後、汗を拭き取る、または洗い流すことができずいつまでも皮膚や衣類に付着していることで雑菌が繁殖。

雑菌が繁殖してしまうことで足が臭くなってしまいます。

まとめ

このように、食べ物によっては足の臭いの原因となってしまうものも存在します。

その為、足の臭いにお悩みの方は食生活に気を付ける必要があるのですが・・・

臭いの原因になるからといって全く食べないというのは、健康上、良くありません。

上記に挙げたような食材は足の臭いの原因になるものの、過剰に食べ過ぎなければそこまで問題にはなりませんし、身体にとってはどの食材も必要なものですので、「食べない」ではなく「食べ過ぎない」よう気を付けると良いでしょう

また、食生活の改善だけをしても足の臭いをなくすことは正直困難ですので、他のセルフケアを一緒に行っていくことをおすすめします。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ