他人にも分かるほどの足の臭い・・・人に移るなんてことはある?

  • LINEで送る

場合によっては自分はもちろん、他人にまで分かってしまう程強い足の臭い。

今現在、足の臭いに悩んでいないという方の中には、ご家族など身近な人の足の臭いが強く一緒にいると自分にもうつってしまうのではないか?と思われている方もいますね。

確かに多少離れているのにも関わらず、相手の足の臭いが自分にまで届く程強いと自分にも臭いがうつってしまうのではないか?と考えたくなる気持ちも分かります。

しかし、足の臭いは人へうつるものなのでしょうか?

足の臭いは人へうつる!?

他人にまで分かってしまうケースも少なくない足の臭い。

足の臭いが人へうつってしまうようなことはあるのでしょうか?

結論からいうと、基本的に足の臭いが人へうつるということはありません。

但し、足が臭い人の靴を共用しており足が臭い人が脱いだ直後、時間を掛けずに履いてしまった場合、靴下などへ臭いが移ってしまうということは無きにしも非ずといったところでしょうか。

ただ、あまり人と靴を共用することはないでしょうし、足が臭い人と同じ空間にいる程度であれば足の臭いがうつってしまうということはありません。

換気が不十分で臭いが籠りやすい空間でも、臭いが充満することはあってもうつってしまうことはないと考えて良いでしょう。

あまり気になるようであれば、相手にバレないようこっそり窓や扉を開けて換気されてはいかがでしょうか。

足の臭いの原因はうつる可能性もあり!?

足の臭いの原因の一つに水虫が挙げられます。

水虫の原因菌自体に臭いはないものの足の臭いの原因となる雑菌の好む環境と水虫の好む高温多湿という環境が同じな為、水虫は足の臭いの原因となるケースがあるのです。

前述した通り、足の臭い自体が人へうつるということは基本的にないのですが、水虫の原因菌となる白癬菌は、カーペットやマット、スリッパやタオルなどを介して人から人へとうつりますので注意が必要です。

水虫によって足が臭い人と一緒に生活していると、足の臭いはうつらなくても水虫の原因菌がうつる可能性は大きいということですね。

ただ、日頃から足の臭い対策を行ない足の蒸れを予防していれば仮に水虫の原因菌がうつってしまったとしても症状は軽く早い段階で治療することですぐに完治するでしょう。

更に、足が蒸れないよう気を付けていれば水虫がうつってしまっても足が臭くなってしまうことはありませんので心配はありません。

足の臭いがうつるということはありませんが、環境さえ揃えば誰でも足の臭いを起こす可能性はありますので、日頃から注意しておくに越したことはないといえます。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ