臭い足の臭いは爪!?爪の臭いを取るケア方法

  • LINEで送る

足の臭いが気になり様々な対策を取られている方は少なくありませんが、それでもなかなか改善されないという方に多い理由の一つに爪のケアの怠りが挙げられます。

こんな話をすると「足の臭いと爪って関係あるの?」という方も多いですね。

しかし、足の臭いと爪には深い関係があるのです。

では具体的に足の臭いと爪にはどういった関係があるのか?
見ていきましょう。

爪による足の臭い

爪を切っている時に何となく臭うな・・・と感じたことはありませんか?

そんな時、普段から足の臭いが強いからそのせいか?と思われる方が多いのですが実は足の臭いの原因こそがその爪にある可能性もあるのです。

爪自体に臭いはありませんが、爪の構造を思い返してみて下さい。

皮膚と爪の間に少し隙間がありますよね?

その隙間に臭いの原因が詰まっているのです。

爪先は靴や靴下、ストッキングなどの影響によって身体の部位の中でも特に通気性の悪い部位といえます。

更に構造上、皮脂や垢、石けんカスなどが溜まりやすくなってしまうのです。

どんなに入念に洗っていても石けんカスが残っていたら、臭いの原因になってしまうということですね。

こうした皮脂や垢、石けんカスが爪の隙間に詰まっていることで臭いの原因となってしまうことがあるのです。

爪による足の臭いの対策は!?

日頃からしっかり洗っているつもりでも皮脂や垢、石けんカスなどが溜まりやすい爪。

そんな爪が原因で起こる足の臭いにはどういった対策を取れば良いのでしょう?

爪による足の臭いと消すポイントは2つあります。

足の爪をこまめに切る

足の爪ってついつい切るのを怠ってしまうという方も少なくありませんね。

しかし、足の爪が伸びていると足の臭いの原因となる皮脂や垢、石けんカスなどが溜まりやすくなってしまいます。

深爪する程しっかりと切る必要はありませんが、足の爪は伸びすぎる前にこまめに切っておく方が足の臭いを予防することができるのです。

ブラシを使って丁寧に洗う

爪の隙間というのは、普通に洗っているだけではなかなか汚れを取り除くことができません。

その為、皮脂や垢、石けんカスなどが溜まりやすくなり嫌な臭いの原因となってしまうのです。

こまめに爪を切っていても、隙間をゼロにすることは不可能ですので、身体を洗う際、足の爪はブラシなどを使って優しく丁寧に洗いましょう。

最近が、足用のブラシなども販売していますのでこうした商品を使用するのもおすすめです。

また、洗った後は石けんカスが残らないよう綺麗に洗い流すことも忘れないで下さいね。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ