ストレスで足が臭くなる?ストレスと足の臭いの関係

  • LINEで送る

足の臭いとストレス、一見何も関係ないように見えますが実は深い関係があるのをご存知でしょうか?

足の臭いに悩まれている方の中でストレスを感じることが多いという方は要注意。

もしかしたらその足の臭い、ストレスが原因となっている可能性がありますよ。

何故、ストレスを感じることが多いと足が臭くなってしまうのか?
その理由を見ていきましょう。

ストレスによる足の臭い

人は緊張したり強いストレスを感じると自律神経が影響を受け、手の平や足の裏に大量に汗をかきます。

「手に汗握る」という言葉があるように、誰でも一度や二度は経験したことがあるのではないでしょうか?

手の平の場合、汗をかくと目に見えて分かりますので何となく理解できると思いますが、実は足裏も手の平同様、緊張や強いストレスによって大量に汗をかいてしまうのです。

また、日頃から足の臭いを気にされている方の場合、無意識に強いストレスを受けている為、足裏に汗をかきやすい傾向にあります。

足裏からかく汗はエクリン汗腺といって基本的に無臭の汗を分泌しますので、汗自体が臭うことはないのですが、大量に汗をかくことで足が蒸れ、雑菌が繁殖し足の臭いの原因となってしまうのです。

ストレスを感じることで間接的に足が臭くなってしまうということですね。

ストレスによる足の臭いの対策は!?

緊張やストレスを感じることで足裏に大量に汗をかくことで起こる足の臭い。

このストレスによる足の臭いにはどういった対策を取れば良いのでしょう。

まず、足裏からの大量の汗によって蒸れることの対策は「足の臭いと蒸れの関係」にて詳しく紹介していますので、ご参考下さいね。

ここでは、大元の原因となるストレスへの対策をご紹介していきましょう。

一口にストレスといっても、その原因は人によって様々ですしストレスの度合いによっても対処の仕方が変わってきますが、足裏から大量発汗してしまうストレスの原因を絞っていくと2つに分けられます。

緊張によるストレス

人は緊張すると自律神経が影響を受け自然と手足からの発汗量が増えてしまいます。

その為、緊張による発汗を防ぐにはなるべくリラックスすることを心掛けることが大切です。

緊張を感じたら、目を閉じて深呼吸する、好きな香りを嗅ぐ、可能であれば好きな音楽を聴くなどすることで緊張が解れリラックスすることができます。

また、近くに心を許せる人がいる時は、少し会話を楽しむのも効果的です。

どんな方法でも良いので、ご自身がリラックスできる方法を実践されると良いでしょう。

足の臭いによるストレス

足の臭いにお悩みの方の中には、ご自身の足の臭いが他人にバレていないか気になってしまい落ち着かないという方もいますね。

足の臭いが気になってしまうのは仕方のないことですが、あまり気にし過ぎてしまうとそれがストレスとなり足裏から大量発汗してしまうケースも珍しくありません。

足裏から大量発汗してしまうと、足が蒸れ臭いの原因となってしまいますので逆効果です。

日頃から足の臭いのケアを行なっていれば、他人に分かる程の強い臭いを起こしてしまうようなことはありません。

他人にバレていないか?と極端に気にするよりも、日頃から足と靴の臭いケアを行ない改善法を実践する方が足の臭いを消すことができますので、あまり気にしないように心がけることも大切ですよ。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ