足が蒸れると臭い気が・・・臭いと蒸れ、何か関係はある?

足の臭いの原因の一つに足の蒸れが挙げられます。

長時間、靴を履いていると靴の中が蒸れているように感じる、靴下が湿っぽいという方は多いのではないでしょうか?

実はこの蒸れことが足の臭いの原因となってしまうのです。

では何故、足が蒸れると臭くなってしまうのか?その原因を見ていきましょう。

蒸れによる足の臭い

足裏には汗腺が集中しており、身体の中でも比較的汗をかきやすい部位の一つです。

人間の汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺が存在します。

アポクリン汗腺というのは、ワキガなどの原因ともなり、臭いの強い汗を分泌するであることに対し、エクリン汗腺から分泌される汗は基本的に無臭だと言われています。

足裏には、無臭の汗を分泌するエクリン汗腺が集中している為、足裏からかく汗が臭うということはありません。

では何故、足が臭くなってしまうのか?
前述した通り、足裏は身体の中でも比較的汗をかきやすい部位ですので、暑さを感じなくても汗は分泌されやすくなっています。

足裏からかく汗自体には、臭いはないものの足裏から分泌された汗が靴下や靴を濡らし、そのまま放置することで足が蒸れ、雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

そしてこの雑菌こそが足の嫌な臭いの元となっています。

要は、足の臭いは汗の臭いではなく、汗によって蒸れた足に雑菌が繁殖した結果、嫌な臭いを発してしまうという訳です。

足の蒸れによる足の臭いの対策は!?

足の蒸れによって雑菌が繁殖することで起こる足の嫌な臭い。
この足の臭いにはどういった対策を取れば良いのでしょう?

足の蒸れによって足が臭くなってしまっている場合は、足の蒸れを改善することで嫌な臭いを抑えることができます。

足裏に汗をかいたと感じたら、蒸れてしまう前に履き替え、靴下や靴の中が乾いた状態を保つよう心掛けましょう。

また、毎日同じ靴を履くのではなく何足かをローテンションし、履いた後の靴はインソールを除菌し通気性の良い場所で保管するのもおすすめです。

どんなに靴下をこまめに履き替えても、靴のインソール部分に雑菌が繁殖してしまったらあまり意味がなくなってしまいます。

足の蒸れによる足の臭いには、足のケアと同時に靴のケアも行なうことが大切だと言えるでしょう。

最近では、消臭や抗菌タイプのインソールも販売されていますので、こうしたインソールを使用したり、靴用の除菌・抗菌スプレーを使用するのもおすすめです。

他にも「重曹で足と靴の臭いを解消」にて詳しく紹介していますが、重曹を使ったり「靴選びのポイント」にて紹介しているような、足の臭いを予防できる靴を選ぶのもおすすめですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ