何故、足は臭くなるの?治すにはどうすれば良い?

  • LINEで送る

足の臭いというのは男女問わずありがちな悩みとはいえ、実際には足の臭いはないという方がいるのも事実。

全ての人の足が臭いという訳でもありませんね。

では何故、足が臭くなってしまうのか?
実は足が臭くなってしまう原因というのがあるのです。

では具体的にどういった原因があるのか?
早速見ていきましょう。

足の臭いの原因

何故、足が臭くなってしまうのか?
早速その原因を見ていきましょう。

足の蒸れによるもの

足裏には、エクリン汗腺という汗腺が集中しています。
人間の汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類が存在し、汗の臭いの原因となってしまうのはアポクリン汗腺です。

その為、足裏にかく汗自体は臭うことはあまりないのですが、足裏から分泌される汗が靴下や靴の中で蒸れ雑菌が繁殖し、嫌な臭いの原因となってしまうのです。

詳しくは「足の臭いと蒸れの関係」にて紹介していますので、参考にして下さいね。

ストレスの影響

足の臭いとストレス。
一見、何も関係のないイメージを持たれがちですが実は深い関係があります。

人は強いストレスを感じると発汗しやすくなります。

特に手の平や足裏といった部位は発汗しやすい為、強いストレスを感じることで発汗量が増えてしまい、靴下や靴の中で雑菌が繁殖し、臭いの原因となってしまう訳です。

ストレスの影響につきましては「足の臭いとストレスの関係」にて詳しく解説していますので、是非ご参考下さい。

足の角質によるもの

毎日入浴していても足裏は角質が溜まりやすい部位ですね。

冬場などは、ケアしていても角質が溜まりやすく気付くと真っ白なんて経験のある方も少なくないでしょう。

しかしこの角質をそのまま放置しておくと、足の臭いの原因となってしまうのです。

足の臭いの原因の一つである、雑菌。
この雑菌のエサとなるのが角質=垢(アカ)なのです。

その為、角質をそのまま放置してしまうとエサを得た雑菌が繁殖しやすくなってしまい足の臭いを発生しやすくなってしまうということなのです。

詳しくは「足の臭いと角質について」にて解説していますので、是非ご参考下さい。

爪によるもの

爪を切っている時に何となく臭うような気がするなんて経験のある方も多いのではないでしょうか?

足の爪は、靴や靴下、ストッキングなどによって通気性が悪くなりやすいことに加え、構造上、皮脂や垢などが溜まりやすく、また、洗っても隅々まで綺麗に洗いづらいだけでなく石鹸カスが残りやすくなってしまい、臭いの原因となりやすい部位なのです。

爪による足の臭いにつきましては「足の臭いと爪の関係」にて更に詳しく解説していますので、参考にして下さいね。

病気が原因となる場合も

足の臭いから病気というのはあまり連想されにくいかもしれませんが、実は病気が原因で足の臭いが起こっている場合もあるので注意が必要です。

足の臭いが病気発見のきっかけとなるケースもありますので、臭い以外の症状がないか確認されることをおすすめします。

病気が原因の足の臭いにつきましては「足の臭いと病気の関係」にて詳しく解説していますので是非、ご参考下さい。

まずは原因を取り除くことが大切

いかがでしたか?
足の臭いの原因といっても、いくつか種類があるだけでなく場合によっては複数の原因によって起こっているケースも少なくありません。

ご自身の足が何故、臭いのか?
まずは、足が臭くなってしまう原因を知り、原因を改善することで足の臭いの改善へと繋がりますので、まずは原因を取り除くことから始めてみると良いでしょう。

今すぐ足の臭いを消したいならノーノースメルかクリアネオ!

クリアネオ

クリアネオは殺菌力99.999%と強烈な足臭に対応できるデオドラントクリーム。塗ってから10秒ほどで足の臭いが消える優れものです。

また、殺菌成分と制汗成分が豊富に含まれているので長時間ニオイを抑えてくれます。
無添加・無香料だから肌への負担は限りなくゼロ。
一瞬で足の臭いを抑えたい方に特におすすめです。

ノーノースメル

ノーノースメルは足の臭いの最終手段と呼ばれるようになった北の達人コーポレーションが開発・販売している足の臭い専用のデオドラント。

ひと塗りで防臭・制汗・殺菌・角質のケアの4役。数十種類の植物由来成分が、増えすぎた悪玉菌にしっかりアプローチし、足の環境を整えてニオイが発生しにくい足に導いてくれます!

どちらの製品も満足度が高く全額返金保証も付いていますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

  • LINEで送る

このページの先頭へ