足が乾燥しているのに臭いのは何故!?

足の臭いの大きな原因というと「蒸れ」が挙げられますが、中には足が蒸れているどころか乾燥しているのに臭いという方もいますね。

足の臭いの原因には、蒸れの他にも「爪」や「角質」が臭いの原因となってしまっているケースもあるのです。

足の爪というのは構造上、皮脂や汚れ、角質などが溜まりやすい為、正しく洗えていないと爪の隙間に詰まった皮脂や汚れ、角質が悪臭を放つようになるのです。

また、角質は足の臭いの原因となる雑菌のエサとなってしまう為、雑菌が増殖しやすく足が臭くなりやすくなってしまいます。

爪と角質、それぞれのケアをされることで足の臭いを消すことができますので、是非、お試し下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ