洗っても臭い!足の臭いが取れない理由とは

足の臭いが気になり、丁寧に足を洗っているのに嫌な臭いが取れないという方、結構多いですよね。

洗っても臭いが取れないとなると、他に何をすれば良いのか分からないという方も少なくないでしょう。

しかし何故、ちゃんと足を洗っているのに嫌な臭いを取り除くことができないのでしょう?

実は意外な理由があるのです。

洗っても足の臭いが取れない理由 靴の臭い

足の臭いが気になり1日に何度も足を洗っているという方もいますが、それでも臭いが取れない理由の一つに靴の臭いが挙げられます。

足裏というのは、毎日沢山の汗をかきます。
その沢山の汗を靴が吸収してしまうことで、靴の中に雑菌が繁殖し嫌な臭いの原因となっている場合があるのです。

靴の臭いが原因となると、いくら足を丁寧に洗っていても靴を履くことで雑菌が足に移りいつになっても嫌な臭いを取り除くことができなくなってしまう訳です。

靴の臭いが原因となっている場合は、足だけでなく靴のケアをしてあげることが大切です。

毎日同じ靴を履くのではなく何足かをローテーションし、履いた後はインソール部分を除菌し通気性を良くした状態で置いておきましょう。

また、通気性が良いサンダルも毎日履くのはあまりおすすめできません。

サンダルを履く時期=夏場など汗をかきやすい時期は、他の季節と比べ足裏からの汗の分泌量も自ずと増えるものです。

いくら通気性が良いサンダルでもインソール部分で足裏からかく汗を吸ってしまう為、毎日履き続けてしまうと雑菌が繁殖し嫌な臭いの原因となってしまうのです。

サンダルの場合も靴同様、何足かをローテーションで履き、履いた後はインソール部分を除菌した上で通気性の良い場所で保管するようにすると良いでしょう。

洗っても足の臭いが取れない理由 食生活

足の臭いと食生活とは、とても深い関係があるといわれています。

成分によっては、足の臭いの原因を作りやすくなってしまうのです。
では具体的にどういった成分に注意すれば良いのか?

脂質や刺激物の摂り過ぎには注意しましょう。

脂質や刺激物は、エクリン汗腺から分泌される汗の量を増やしてしまいます。

足裏にはエクリン汗腺が集中していますので、脂質や刺激物の多い食生活ばかり送っていると足裏からの発汗が増え、足の臭いの原因となってしまうのです。

また、皮脂分泌を増やす肉類などといった動物性たんぱく質も足の皮脂の分泌量を増やし、臭いの原因となってしまう為、注意が必要です。

絶対に食べてはいけないという訳ではありませんが、魚や野菜を多く摂り入れバランスの良い食生活を送ることが大切だといえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ